額で見分ける男女平等か否か

男女雇用均等法によって男女平等が進められている現在、女性の社会進出に理解を示す企業は非常に多くなりました。育児や介護等家庭と両立する女性が働きやすい環境を整える為、時短勤務や残業の廃止等様々な取り組みが行われています。その一方で女性は結婚、出産して家庭に入ると考える企業は多く、家庭と両立する女性のサポートは万全でも独身でバリバリ働く女性に理解を示さない企業は一定数あるのが現状です。上層部が女性はいつか辞める、時短勤務になると言う固定概念に捕らわれ、独身で一生働く女性がいると言う事をしっかり考えていないのでしょう。全部では無いにしても上層部がそう言った考え方の会社は、昇進は男性ばかりと言うケースが多いです。女性の昇進が多少あったとしても、同じ手柄をたてたら男性が評価、ここぞと言う役職は男性と、性別だけで差を付けられたら嫌になってしまいます。よって女性が一生働く為には、性別で判断せず評価してくれる会社を選んだ方が良いでしょう。

性別で判断するか否かは入社しないと分からないですが、傾向として女性のボーナスがあまりに低い会社は性別で判断しやすいと言えます。明確な理由があってボーナスが少ないなら良いですが、そうでない場合女性が世帯主として生きていく事を考慮していないのです。ある程度の年齢になった女性社員は辞めて新入社員が入社する、この考え方でボーナス額が決まっている可能性が高いと言えるでしょう。