会社をボーナスの側面から見てみよう

個人事業主で無い限り私達は会社と雇用契約を結び、その契約に基づき毎月の給与を貰います。同じ様に賞与、いわゆるボーナスに関しても雇用契約の中にしっかりと明記がされています。ボーナスは毎月の給与とは異なり、業績によって支給される金額が異なって来るのが一般的です。業績が良ければその分金額も上がりますし、業績が低ければ必然的に金額が下がります。また、中小企業と大企業によっても異なりますが、会社によっては業績が悪ければ支給をしないと言うケースも存在するなど千差万別です。大企業の場合は仮にその年の業績が悪く赤字になってしまっても内部留保として溜め込んであるお金があるので、ボーナスを支給する為の資金を捻出する事が出来るはずです。安定感と言う意味では非常に高くなっています。

しかしながら大企業は多くの社員を雇用しており、多くの社員に安定して公平公正に支給を行う為に様々な内部規定などを設ける事が多くなっているのです。それにより個人が大車輪の活躍を見せてもダイナミックに金額が上がると言う事が起こりにくいので、モチベーションの維持という点に課題を持っています。一方、中小企業やベンチャー企業などの場合は業績に連動して支給を行うケースが多いので、会社の急成長や自身の活躍がそのまま支給額に反映されるケースが多くなります。いずれも一長一短ではあるので、自身のライフスタイルや価値観に合わせて賞与と言う側面から会社選びをしてみるのも良いと言えるでしょう。