ボーナスがあるのと無いのとどちらがお得か

ボーナスの多さも会社選びのポイントと言えますが、実はボーナスが無い会社の方がお得な場合もあります。まずあった方が良い理由として、毎月の出費を抑えることで貯蓄がしやすいことが挙げられます。また業績に応じて額が増えることがあります。しかしこれは逆に額が減るケースもありうるので一長一短とは言えます。一方で無い方が得である理由として、安定した収入を得られることが挙げられます。特に住宅ローンを組む場合、返済を一定に保つことで安心感を得られます。成果や業績は毎月の報酬に連動することになるので、より自分の業務がその報酬に影響していることを実感することもできます。ボーナスはもらった時こそ様々な感情を持ちますが、次第にそれも忘れてしまいます。けれども毎月の給料を得ることで日々の業務に取り組む姿勢を振り返ることになります。仕事へのモチベーションを常に高く保つことができるのです。単に得られるお金だけの問題ではなく、仕事に取り組む姿勢にも影響するという意味で、毎月均等に報酬を得る方が良いかもしれません。

金額面でのメリットとしては、基本給が高くなることで超過勤務の単価が高まることが挙げられます。社会保険料に関しては有り無しに関わらず同じとなっています。出費面では無駄な出費が無くなることで、貯蓄はしやすくなるかもしれません。このように、実は様々なメリットを持っていることにより、たとえ一時金が無くても会社選びには影響しないことがわかります。